アプリケーションを好きな環境で実行してください、Cocktail Cloud が処理します。

Cocktail Cloud はアプリケーションを運用するクラスターを細かく管理するだけでなく、アプリケーションのライフサイクル管理のための統合環境を提供します。
あなたは使用するクラウドインフラを選択するだけで大丈夫です。

"Kubernetesが提供するコンテナオーケストレーション上で、Cocktail Cloudは複数のクラスターを統合管理し、アプリケーションの構築、操作、監視を簡単で便利にします。"

統合 クラスター管理

c_img01

クラスタープロビジョニング

ベアメタル、VMWare、OpenStack のような環境に Kubernetes がインストールされていない場合には、Cocktail Cloud は Kubernetes をインストールします。また、Kubernetes のバージョンアップグレードとクラスターのノード追加にも対応します。

c_img02

マルチクラスター、マルチクラウド管理

それぞれクラスターごとに、個別に Cocktail Cloud をインストールする必要はありません。一つの Cocktail Cloud で、複数のクラスターを統合管理することができます。また、複数の異なるクラウドサービスプロバイダーを使用することも可能です。 Cocktail Cloud でインストールされる Kubernetes を使用する場合も、GKE、EKS、AKSのようなクラウドサービスプロバイダーが管理する Kubernetes を使用する場合も、どちらも Cocktail Cloud は対応しています。

c_img03

オーケストレーションコントロール

ビルド、配布、運用、監視などのアプリケーション管理のための Kubernetes を使った全てのやり取りは、統合・管理されます。

ビルド ソースコードからコンテナイメージのビルド

c_img04_w

様々な言語のソースコードをビルド

ソースリポジトリ(Git)に接続するだけで、開発言語に関係なく、ソースコードのビルドを実行します。ビルドプロセスの確認もできます。

c_img05_w

コンテナイメージビルド

アプリケーションのソースコードを実行可能なコンテナイメージにします。 互換性はOCI標準フォーマットで保証されています。

c_img06_w

組み込みプライベートレジストリ

プライベートレジストリは標準で提供されています。 作成されたコンテナイメージは、自動的に組み込まれたレジストリに格納され、バージョン管理されます。アプリケーションをデプロイするときは、任意のイメージバージョンを選択できます。

c_img07_w

パブリックレジストリのサポート

外部レジストリを登録し、ベンダーから正式に配布されているアプリケーションのコンテナイメージを使用することができます。

デプロイ ワンクリックで継続的な配布

c_img08

バージョン管理

任意のコンテナイメージのバージョンを選択し、配布することができます。配布によって問題発生した場合は、簡単に元のバージョンに戻すことができます。

c_img09

Continuous Delivery パイプライン

アプリケーションの修正・配布をためらう必要がありません。コードを追加したり、コードが変更された場合、アプリケーションはサービスダウンタイムなしで差し替えて更新することができるからです。Cocktail Cloud のパイプラインでは、ソースビルド、コンテナイメージビルド、およびコンテナ更新が瞬時に実行されます。

c_img10

アプリケーションの一括配布

階層的あるいはマイクロサービスアーキテクチャを利用して、複数のコンテナに設定したアプリケーションは、一つのパッケージにまとめてバージョン管理することができます。地域、環境あるいはクラウド環境別に、同じアプリケーションを配布する場合には、個々のコンテナではなく、指定されたクラスター上にパッケージ単位で一度にアプリケーションを配布することができます。

c_img11

ランタイム SW カタログ

頻繁に使用されるランタイムSWはカタログとして提供されるため、すぐに配布し使用できます。 そのカタログは、それぞれのSWベンダーが提供する公式のイメージを使用します。 カタログに保存し管理する事で、いつでも独自のSW構成を再利用することができます。

アプリケーション指向の 運用

c_img12_ww

ユーザー/グループ管理

プロジェクトチーム別に DevOps のためのワークスペースを提供しています。ユーザーは各チームが使用するクラスターリソースを割り当てることができ、ワークスペースごとにチームメンバーを登録し、安全に作業することができます。

c_img13_w

アプリケーションマップ

アプリケーションマップは、同じ名前空間を持つコンテナを配置する空間です。個々のアプリケーションマップが使用するクラスターは、プロジェクトチームに許可されたクラスターのいずれかを選択します。それぞれのプロジェクトチームは、複数のアプリケーションマップを持つことができます。

c_img14_w

カクテルサーバ

カクテルサーバーは、アプリケーションマップ上の配布と管理の単位です。 Cocktail Cloud では、コンテナの直感的な管理のために、コンテナ、リソース、ネットワーク、ボリューム、スケーリング、変更ポリシーなどの関連設定をカクテルサーバーとしてまとめて管理します。カクテルサーバーはビルドと連携し、便利な配布環境を構成することができます。

c_img15_w

マルチクラスター上のアプリケーション

複数のクラスターを割り当てられたプロジェクトチームは、そのクラスター自由に使えます。 また、クラスターのステータス情報もチェックできます。

フルスタックの統合監視

c_img16

統合 Prometheus

組み込まれている Prometheus が、アプリケーションとクラスターの状態をチェックします。トリガーはさまざまな条件で構成でき、電子メールまたはSlackにアラートを送信できます。

c_img17

クラスターインフラ監視

クラスター、クラスター内のノード、ボリュームの基本情報・リソース使用情報を視覚的に表示します。 また、各ノードに配置されたアプリケーションの状態を確認することもできます。 クラウドサービスの場合、メーター情報(課金情報) も表示されます。

c_img18

アプリケーション監視

運用の観点から監視情報を提供しています。アプリケーションマップとして割り当てられたリソースの使用量を確認することができます。この他にも、アプリケーションマップ内の各カクテルサーバーごとのPod、コンテナのリソース使用状況も確認することができます。

c_img19

リソース使用率

クラスター、ノード、アプリケーション、Pod、コンテナのような様々な観点から、CPU、メモリ、ネットワーク等のリソース使用状況を視覚化し提供します。